TOKYO G - LINE STORY

日本橋区間の都心環状線(C1)地下化に対して3,200億円が予算として用意され、大きな注目を集めている。しかし、その予算の使い道は果たして正解なのだろうか?人口構造、社会インフラのあり方が劇的に変化している今、既存のシステムに囚われ過ぎて、20年後に完成と共に要らなくなるものに巨額の予算を投下している可能性が大いにある。

中央環状(C2)、外環道(C3)、圏央道(C4)が完成していき、テクノロジーによって車の絶対量の減少と共に、自動運転等で効率的な運転が渋滞を解消していく中、20年後、もしくはもっと早く、この一周14.8kmしかない都心環状線は要らなくなる可能性がある。

インフラの整備にかかる時間を考慮すると、時代を先読みして、既存のインフラを時代に合わせて用途転換していく、という実験は今すぐにでも始めるべきであり、東京G-LINEはその象徴となる構想である。

​詳しくはブログで。

existing

​NEWS

4.10.2019
都市計画マガジン「メザニン」に掲載

人気都市計画マガジン「メザニン」。世界各国の最近の都市戦略と同行を紹介すると同時に、それが日本の文脈でどう機能するかを問うマガジン。ビジュアルにもこだわり、繊細なメッセージがオシャレに掲載されている。「東京G-LINE」は将来の東京のあり方の一つの事例として紹介された。

4.10.2019
「あいつ今何してる?」(テレビ朝日)に出演

テレビ朝日の人気番組「あいつ今何してる?」に出演。重松健の生い立ちから現在のニューヨークでの建築設計活動を特集すると共に、未来の東京のビジョンとして「東京G-LINE」が取り上げられた。

6.18.2019
The Update: 始動!新時代の移動サービスとは?」(News Picks)に出演

News Picksの人気番組「The Update」に出演。作家であり、元東京都知事の猪瀬直樹氏をはじめ、モビリティーの専門家やスタートアップリーダーと共に新時代の移動サービスを議論。その行く末の都市のあり方として「東京G-LINE」が紹介された。

6.22.2019
The Updateにてキングオブコントとして「東京G-LINE」が選ばれた

​6月18日の「The Update」の出演の際に重松の「東京G-LINE」構想とそれに対する猪瀬氏とのやりとりがキングオブコントに選ばれ、その記事がNews Picksのオリジナル記事として投稿された。

7.16.2019
日本交通公社のコラムにて「東京G-LINE」が言及

日本交通公社 上席主任研究員 中島泰氏のコラムにおいて、各地で水辺のあり方を提唱すると共にイベントを通じた実験を行う団体「ミズベリング」を特集すると同時に、その未来のビジョンの一つとして「東京G-LINE」について言及された。

9.29.2019
ジェイフーンラジオ(New York @AM1660)にゲスト出演

アートバトルの世界チャンピオン、ニューヨークの韓国人人気アーティスト、ジャイフーンのラジオ番組にゲスト出演。ニューヨークから国際的に建築設計活動を展開する秘訣を語ると共に、未来の都市のあり方として、「東京G-LINE」を例に挙げながら解説した。